QLOOKアクセス解析
2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.19 (Sun)

おなじアホなら喰わなきゃ損損②安兵衛

 徳島。

 徳島駅前にすてきな酒場が。

 安兵衛。
安兵衛 徳島 (1)

 あんこうからあげ
安兵衛 徳島 (6)
 身に脂が多いので、揚げ物よりも焼き物煮物向きかな、と思います。

 もも焼
安兵衛 徳島 (3)
 たしか490円。
 この値段でどどーんとボリューミィ、骨付きもも肉まるごと一本。

 この店での出来事。
 わたしの隣の客が帰って、食器は下げられたものの灰皿は残った。わたしかとなりの客のものか、店員さんには判断つかなかったんでしょう。わたしは吸いません、止めました。で、人気店、混み合う店内、ようやく開いた私の隣、待っていたお客が座ろうとして、残った灰皿を見て、「タバコ吸うの?、あかんわ!」と女性の声。「ごめんな、せっかく用意してもらったのに」と店員に向けられる男性の声。ふたりは帰って行きました。
 わたしはタバコを止めて六年になるので、禁煙であるほうが望ましいのですが、吸ってた頃の反省から、喫煙に関してはなにも文句を言うまいと決めてます。吸ってた頃、こんなにまわりに迷惑をかけていたのかと、止めて思い知ったからです。
 東京オリンピックを控えて、公共スペースは禁煙の方向らしいです。
 とても望ましいことだと思います。食べてるときに吸われると、殺意を覚えるときもあります。
 映画館、電車内(駅ではないですよ、新幹線とかではなく、在来線でも)、おとこのお客にはお茶とだけではなく灰皿も出すのが当たり前の時代に生まれたわたしには、まあ、いろいろ思うところはありますなぁ。
 是非じゃないです。
 たぶん「あかんわ!」の女性も昔なら我慢してたし、昔ならわたしもなにやら感慨を抱くわけではなかったのです。
 移ろいを、感じるわけです。

 いい酒場でした。
 
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
08:30  |  四国  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2017.02.18 (Sat)

おなじアホなら喰わなきゃ損損①@いのたに

 高松から徳島へ。
 距離的には近いのにな、ぐるっと大阪湾を回らなきゃいけないので遠いな。まあフェリーもあるけれど、それでも心理的距離は遠い。

 名物を。

 いのたに
いのたに 徳島 (1)
 中華そば表記なんだよね。それも近しい。

 自販機で食券を買う。
 肉多めのやつ(650)
いのたに 徳島 (2)
 生卵はデフォではないよう、よく溶いてない卵のずるりずるり感が嫌いなので、そのほうがありがたい。

 とんこつ醤油で、めんも柔らかめ。煮しめたような色の肉が特色で、あとは和歌山の中華そばと変わらないなぁ、とも思うし、なんかやっぱり違う気もする。獣臭がかすかに残り、醤油のエッジがある、ってのは徳島ラーメンの特色ではなく、いのたにの特色だろうし。
醤油のエッジが生卵を加えることでまろやかになって、味のステージがひとつあがる感じなのかもしれない。

 
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
08:30  |  四国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.17 (Fri)

酒食春秋④@川六エルステージ

 高松の泊まりは、

 川六エルステージ
川六エルステージ 高松 (1)

 朝食バイキング。
 テンションあがるねぇ、どうしてこんなにたのしいんでしょうねぇ、朝食バイキング。
川六エルステージ 高松 (4)
川六エルステージ 高松 (3)
川六エルステージ 高松 (2)
 取ってきたのは、納豆、ひじき煮、若竹煮、しょうゆまめ、鮭、ソーセージ、オムレツ、味噌汁、生野菜、のり。
 オムレツはその場で焼いてくれるうれしいサービス。
 場所柄、セルフのうどんなんかもあった。

 車のカギをいちいちフロントに預けるのが面倒だけど、朝ご飯は充実してるし、安いし、大浴場はあるしで、よい宿でした。
08:30  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.16 (Thu)

酒食春秋③@寅や

 高松。

 二軒目は、飲み屋街の入り口で目立っていた、
 虎や。

 揚げ出し豆腐
しるの店おふくろ 高松 (3)
 この揚げ出し豆腐、なかなかのもの。
 一品だけのおつきあいでしたが、この店も実力あるんだろうな。

 高松、いい街だ。

寅や 高松 (2)
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
08:30  |  四国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.02.15 (Wed)

酒食春秋②しるの店 おふくろ

 高松にて。

 日も暮れてきました。
 高松には以前から行きたかった酒場が。

 グーグルさんに案内して貰いつつ――あらステキ。
しるの店おふくろ 高松 (3)
しるの店おふくろ 高松 (2)
 昭和チックな飲み屋街が。

 行きたかったのは――しるの店おふくろ。
しるの店おふくろ 高松 (1)

 おお、お客が入ってますな。



 おばんざい的な大皿料理がカウンターに並べられていて、そこから選ぶ。
しるの店おふくろ 高松 (7)
 にくじゃがを。

 かつおのたたき
しるの店おふくろ 高松 (6)
 厚切りで食べ応えがあって、鮮度もあり、生のにんにくのスライスががつんときいていて、これはいいたたき。

 そして「しるの店」たる所以。

 あさり汁
しるの店おふくろ 高松 (4)
 う……うまい!
 赤だしながらほんのり甘みがあって、出汁が滋味深く、ぷりんとしたあさりの身がおいしい。

 ほかにも豚汁や豆腐汁、たまご汁、たら汁なんかもあって、ぜんぶがぶがぶ飲みたい気分。

 大皿の料理で酒を飲み、汁とごはんで締める。それがこの店の作法のよう。

 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
08:30  |  四国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT